ミヤジャズインとは

ミヤ・ジャズインは、1974年に始まり、2010年以降は10万人を超える動員となり、毎年確実に成長しています。「ジャズのまち・宇都宮」を内外にアピールし、コンベンションとの連携、ライブハウスの活性、関連商品の育成など文化にとどまらず、経済的効果を挙げています。ジャズを通じて宇都宮から日本全国へ文化を発信すると共に、中心市街地の活性化と新たな産業の創出を図ります。
宇都宮とジャズを愛する人々の思いで成長してきたこのフェスティバルを2015年もさらに発展させていきます。そして「いつでも、どこでもジャズを感じる街」宇都宮を創出していきます。

ミヤジャズイン1974ポスター   ミヤジャズイン2009ポスター

ご当地ジャズ、それは…

宇都宮市は地方都市でありながら、モダンジャズ、デキシーランドジャズの日本のトップアーティストや、日本におけるジャズ評論の草分けを輩出しています。そんな多くの先人を目標に宇都宮出身ゆかりのあるアーティストを積極的に起用し、ジャズにこだわらずジャンルを拡張し、幅広いニーズに応えていく…それが「ご当地ジャズ」です。
そして、その思いに共鳴したアマチュアが全国から晴れの舞台を目指して宇都宮に集結します。
宇都宮の中心市街地で繰り広げられる北関東最大のジャズフェスティバル、それが、「ミヤ・ジャズイン」です。

MIYA JAZZ INN 2016アプローチ

北関東最大から関東最大のフェスティバル

本年目標を屋外4会場(2日間延べ8会場)、来場目標14万人に設定します。

ご当地ジャズコンセプト

宇都宮出身、ゆかりのあるトップアーティストを、今年も積極起用し地域とアーティストの絆を深めます。また、それにこだわらず日本ジャズ界のトップアーティストも起用し紹介していきます。さらに狭義のジャズにこだわらず、ジャンルを拡幅したミュージックまで、出演者、来場者の幅広いニーズに応えていきます。

宇都宮らしさ、街の賑わいの創出

餃子、カクテルや大谷石などの、地域資源とコラボレーションし、宇都宮の魅力を総合的にアピールします。

市民参加、官民協働

本イベントの基本は市民、企業、行政、各種団体などによる地域一体となった積極参加型事業です。私達は多くの人が参加する場を提供し、参加者と主催者の双方の要求がかなえられる仕組みを作ります。

次世代育成

本イベントを底支えするのは地域の人材です。リスナー層の開拓はもとより、次世代を担うプレイヤーの育成を図る事業に取り組んでいきます。